Free shipping for orders over 10,000 Yen.

グラスフェッドビーフ(牧草牛)について

RSS
グラスフェッドビーフ(牧草牛)について

さて、皆様は「グラスフェッドビーフ」、いわゆる「牧草牛」はご存知でしょうか。現在、熟成肉が一通り流行り、これからはグラスフェッドの時代だと言われているのです(下記牛さんはイメージ)。

では、「グラスフェッド」とは一体何か?

グラス=Grass(草)
フェッド=fed(~を餌として与えられた)
つまり、牧草のみを与えられて育った牛さんということです。


牧草のみ食べて育った牛の何がいいの?

まず、のびのびと牛さんが野原を駆け回っています(馬みたいには走れないけど)。小さい小屋でブクブク太った牛はそれはそれで脂がのっていて美味しいのですが、牧草牛はむしろ筋肉ムキムキでワイルドな様相に。でもそれは健康的である証。

 

具体的に何が違うの?

故意に太らせていたりしないので、赤身が多く、脂肪分が黄色くて、栄養価が高い。「食べるサプリ」と言われることもあるみたいです。
低脂肪・低カロリー・低コレステロール…。オメガ3脂肪酸も含まれているので、悪玉(LDL)コレステロール値を下げてくれたり、中性脂肪を下げてくれるそう。脂肪量は皮なしのチキンと同じくらいの脂肪量とも言われています。
脂っこいお肉で胃を壊しちゃう人や、健康を気にされている方、糖質制限などでお肉ダイエットに励んでいる方にはピッタリですね!

 

最近では徐々にネット通販でも手に入るようになりましたが、まだまだ日本ではあまり販売されていない、大注目のお肉です。ホールミートではオージービーフのほとんどがグラスフェッドですので、気になりましたら一度250gステーキからネット注文してみてはいかがでしょう?

ホールミートのはなでした (´ω`*))ノ

Previous Post Next Post

  • Hana S.
Add to Cart Sold Out