1万円以上のご購入で送料無料平日13時までのご注文で当日発送
{"id":4813974110282,"title":"ミラノサラミ スライス 100g","handle":"salami-milano-sliced-100g","description":"\u003cp\u003e本場ミラノのレシピを基に、肉と脂と風味が見事にマッチしたサラミです。\u003cbr\u003e豚肉は100%国産、スパイスは本場のものを使用しています。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eシンプルなサラミはイタリアでは食の基本\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003eイタリアでは、「パンとサラミ」が「シンプルで美味しいご飯」の比喩になるほど、サラミが食の基本となっています。\u003cbr\u003eもちろん、様々なハムや肉加工品と共におつまみとしてペロリと頂くことも多いですが、パンに乗せたり挟んだりすることこそがイタリアの食べ方。パン、サラミ、そしてワイン以外何もいりません。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eイタリアと言えばサラミ\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003e子供の好きな食べ物はアメリカで言えばチーズバーガー、イタリアで言えばサラミ、と言っても過言ではありません。幼少の頃よりサラミに慣れ親しんでいるイタリア人はとにかくサラミが大好きで、アメリカやフランスとは比べ物にならないほど様々な形や味のサラミが豊富にイタリアでは製造・販売されています。\u003cbr\u003e地域ごとにその製造方法に違いがあり、少なくとも300種類ものサラミが存在していると言われるほどです。全てを網羅するのは、少し難しいかも知れませんね。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eサラミの歴史と製法について\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003e実は、今で言うサラミがいつ作られたものなのか、はっきりとはわかっていません。しかしローマ人がかつてサラミのことを「サルスム」、直訳すると「塩っぽい」と呼んでいたことは判明しています。塩は古代より肉の水分を取り除いたり菌を寄せ付けない役割があるため、肉の保存のために用いられていました。「塩っぽい」という言葉にも納得です。\u003cbr\u003eイタリアではサラミやソーセージはsalumi insaccatiという、豚の腸などに詰めた後に干された食品に分類されています。\u003cbr\u003e主に豚肉が主原料となりますが、バリエーションは豊富にあり、例えばイノシシや鴨などの変わった肉を主原料とするサラミもあります。\u003cbr\u003e肉をミンチにした後よくこね、様々なスパイスを加えるとサラミのもととなるお肉は完成します。主に豚もも、豚肩、豚フィレ、豚バラが使用され、そこに顎などの脂を加えていきます。この脂身と赤身肉のバランスが美味しいサラミの基本となり、スパイスを加えたものを30日~90日ほど熟成させれば完成です。\u003cbr\u003e現在、工場等で大量生産されているサラミは柔らかく作られることが多いですが、本当に美味しいサラミを試してみたいならば、「古き良き」レシピで作られたサラミを是非一度お召し上がりください。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003c\/p\u003e\n\u003ch3\u003e\u003c\/h3\u003e\n\u003ch3\u003e商品情報\u003c\/h3\u003e\n\u003ctable style=\"width: 100%;\" border=\"2\"\u003e\n\u003ctbody\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\" border=\"1\"\u003e\n\t\t内容量\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\" border=\"1\"\u003e\n\t\t約 100 g\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t100 g あたりの単価\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e580 円\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t原産国\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e\n\t\t日本\u0026nbsp;\u0026nbsp;\u003cbr\u003e\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t保存温度\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e\n\t\t-18度以下(冷凍)\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003c\/tbody\u003e\n\u003c\/table\u003e\n\u003cp\u003e\n\tご希望の商品数がない、もしくは大量注文をご希望の場合は\n\t\u003cspan style=\"color: rgb(149, 55, 52);\"\u003e\n\t\u003c\/span\u003e\u003ca href=\"https:\/\/whole-meat.jp\/pages\/contact\" target=\"_blank\"\u003e\u003cspan style=\"color: rgb(149, 55, 52);\"\u003eこちら\u003c\/span\u003e\u003c\/a\u003eよりご連絡ください\n\u003c\/p\u003e","published_at":"2020-10-23T14:07:04+09:00","created_at":"2020-10-23T14:04:48+09:00","vendor":"ホールミート","type":"","tags":["salami","salami milano","サラミ"],"price":58000,"price_min":58000,"price_max":58000,"available":true,"price_varies":false,"compare_at_price":null,"compare_at_price_min":0,"compare_at_price_max":0,"compare_at_price_varies":false,"variants":[{"id":32557413728330,"title":"Default Title","option1":"Default Title","option2":null,"option3":null,"sku":"825","requires_shipping":true,"taxable":true,"featured_image":null,"available":true,"name":"ミラノサラミ スライス 100g","public_title":null,"options":["Default Title"],"price":58000,"weight":0,"compare_at_price":null,"inventory_management":"shopify","barcode":"","requires_selling_plan":false,"selling_plan_allocations":[]}],"images":["\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano2.jpg?v=1603443544","\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano1.jpg?v=1603443544","\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/cIMG_9737.jpg?v=1603443544"],"featured_image":"\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano2.jpg?v=1603443544","options":["Title"],"media":[{"alt":null,"id":7440004055114,"position":1,"preview_image":{"aspect_ratio":1.0,"height":3251,"width":3251,"src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano2.jpg?v=1603443540"},"aspect_ratio":1.0,"height":3251,"media_type":"image","src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano2.jpg?v=1603443540","width":3251},{"alt":null,"id":7440004022346,"position":2,"preview_image":{"aspect_ratio":1.0,"height":2836,"width":2837,"src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano1.jpg?v=1603443539"},"aspect_ratio":1.0,"height":2836,"media_type":"image","src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/salamimilano1.jpg?v=1603443539","width":2837},{"alt":null,"id":7440002875466,"position":3,"preview_image":{"aspect_ratio":1.0,"height":3065,"width":3065,"src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/cIMG_9737.jpg?v=1603443521"},"aspect_ratio":1.0,"height":3065,"media_type":"image","src":"https:\/\/cdn.shopify.com\/s\/files\/1\/2698\/6542\/products\/cIMG_9737.jpg?v=1603443521","width":3065}],"requires_selling_plan":false,"selling_plan_groups":[],"content":"\u003cp\u003e本場ミラノのレシピを基に、肉と脂と風味が見事にマッチしたサラミです。\u003cbr\u003e豚肉は100%国産、スパイスは本場のものを使用しています。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eシンプルなサラミはイタリアでは食の基本\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003eイタリアでは、「パンとサラミ」が「シンプルで美味しいご飯」の比喩になるほど、サラミが食の基本となっています。\u003cbr\u003eもちろん、様々なハムや肉加工品と共におつまみとしてペロリと頂くことも多いですが、パンに乗せたり挟んだりすることこそがイタリアの食べ方。パン、サラミ、そしてワイン以外何もいりません。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eイタリアと言えばサラミ\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003e子供の好きな食べ物はアメリカで言えばチーズバーガー、イタリアで言えばサラミ、と言っても過言ではありません。幼少の頃よりサラミに慣れ親しんでいるイタリア人はとにかくサラミが大好きで、アメリカやフランスとは比べ物にならないほど様々な形や味のサラミが豊富にイタリアでは製造・販売されています。\u003cbr\u003e地域ごとにその製造方法に違いがあり、少なくとも300種類ものサラミが存在していると言われるほどです。全てを網羅するのは、少し難しいかも知れませんね。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003cb\u003eサラミの歴史と製法について\u003c\/b\u003e\u003cbr\u003e実は、今で言うサラミがいつ作られたものなのか、はっきりとはわかっていません。しかしローマ人がかつてサラミのことを「サルスム」、直訳すると「塩っぽい」と呼んでいたことは判明しています。塩は古代より肉の水分を取り除いたり菌を寄せ付けない役割があるため、肉の保存のために用いられていました。「塩っぽい」という言葉にも納得です。\u003cbr\u003eイタリアではサラミやソーセージはsalumi insaccatiという、豚の腸などに詰めた後に干された食品に分類されています。\u003cbr\u003e主に豚肉が主原料となりますが、バリエーションは豊富にあり、例えばイノシシや鴨などの変わった肉を主原料とするサラミもあります。\u003cbr\u003e肉をミンチにした後よくこね、様々なスパイスを加えるとサラミのもととなるお肉は完成します。主に豚もも、豚肩、豚フィレ、豚バラが使用され、そこに顎などの脂を加えていきます。この脂身と赤身肉のバランスが美味しいサラミの基本となり、スパイスを加えたものを30日~90日ほど熟成させれば完成です。\u003cbr\u003e現在、工場等で大量生産されているサラミは柔らかく作られることが多いですが、本当に美味しいサラミを試してみたいならば、「古き良き」レシピで作られたサラミを是非一度お召し上がりください。\u003c\/p\u003e\n\u003cp\u003e\u003c\/p\u003e\n\u003ch3\u003e\u003c\/h3\u003e\n\u003ch3\u003e商品情報\u003c\/h3\u003e\n\u003ctable style=\"width: 100%;\" border=\"2\"\u003e\n\u003ctbody\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\" border=\"1\"\u003e\n\t\t内容量\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\" border=\"1\"\u003e\n\t\t約 100 g\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t100 g あたりの単価\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e580 円\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t原産国\n\t\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e\n\t\t日本\u0026nbsp;\u0026nbsp;\u003cbr\u003e\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003ctr\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 50.3623%;\"\u003e\n\t\t保存温度\u003c\/td\u003e\n\t\u003ctd style=\"width: 49.6377%;\"\u003e\n\t\t-18度以下(冷凍)\n\t\u003c\/td\u003e\n\u003c\/tr\u003e\n\u003c\/tbody\u003e\n\u003c\/table\u003e\n\u003cp\u003e\n\tご希望の商品数がない、もしくは大量注文をご希望の場合は\n\t\u003cspan style=\"color: rgb(149, 55, 52);\"\u003e\n\t\u003c\/span\u003e\u003ca href=\"https:\/\/whole-meat.jp\/pages\/contact\" target=\"_blank\"\u003e\u003cspan style=\"color: rgb(149, 55, 52);\"\u003eこちら\u003c\/span\u003e\u003c\/a\u003eよりご連絡ください\n\u003c\/p\u003e"}

ミラノサラミ スライス 100g

商品詳細
商品の限度数です

本場ミラノのレシピを基に、肉と脂と風味が見事にマッチしたサラミです。
豚肉は100%国産、スパイスは本場のものを使用しています。

シンプルなサラミはイタリアでは食の基本
イタリアでは、「パンとサラミ」が「シンプルで美味しいご飯」の比喩になるほど、サラミが食の基本となっています。
もちろん、様々なハムや肉加工品と共におつまみとしてペロリと頂くことも多いですが、パンに乗せたり挟んだりすることこそがイタリアの食べ方。パン、サラミ、そしてワイン以外何もいりません。

イタリアと言えばサラミ
子供の好きな食べ物はアメリカで言えばチーズバーガー、イタリアで言えばサラミ、と言っても過言ではありません。幼少の頃よりサラミに慣れ親しんでいるイタリア人はとにかくサラミが大好きで、アメリカやフランスとは比べ物にならないほど様々な形や味のサラミが豊富にイタリアでは製造・販売されています。
地域ごとにその製造方法に違いがあり、少なくとも300種類ものサラミが存在していると言われるほどです。全てを網羅するのは、少し難しいかも知れませんね。

サラミの歴史と製法について
実は、今で言うサラミがいつ作られたものなのか、はっきりとはわかっていません。しかしローマ人がかつてサラミのことを「サルスム」、直訳すると「塩っぽい」と呼んでいたことは判明しています。塩は古代より肉の水分を取り除いたり菌を寄せ付けない役割があるため、肉の保存のために用いられていました。「塩っぽい」という言葉にも納得です。
イタリアではサラミやソーセージはsalumi insaccatiという、豚の腸などに詰めた後に干された食品に分類されています。
主に豚肉が主原料となりますが、バリエーションは豊富にあり、例えばイノシシや鴨などの変わった肉を主原料とするサラミもあります。
肉をミンチにした後よくこね、様々なスパイスを加えるとサラミのもととなるお肉は完成します。主に豚もも、豚肩、豚フィレ、豚バラが使用され、そこに顎などの脂を加えていきます。この脂身と赤身肉のバランスが美味しいサラミの基本となり、スパイスを加えたものを30日~90日ほど熟成させれば完成です。
現在、工場等で大量生産されているサラミは柔らかく作られることが多いですが、本当に美味しいサラミを試してみたいならば、「古き良き」レシピで作られたサラミを是非一度お召し上がりください。

商品情報

内容量 約 100 g
100 g あたりの単価 580 円
原産国 日本  
保存温度 -18度以下(冷凍)

ご希望の商品数がない、もしくは大量注文をご希望の場合は こちらよりご連絡ください

質問:送料はいくらですか?
回答:本州・四国は880円、九州・沖縄・北海島は1200円。1万円以上のご購入で送料無料となります。

質問:配達日時を指定できますか?
回答:はい、ご注文の際に備考欄へご記入下さい。交通事情などによりご希望に添えない場合、最短でのお届けとなります。発送後伝票番号をお知らせ致しますので、お客様ご自身で配達時間を変えて頂くことも可能です。

配達可能時間:
  • 午前中
  • 14-16時
  • 16-18時
  • 18-20時
  • 19-21時

質問:注文してからどれくらいで届きますか?
回答:平日14時までのご注文で当日発送、14時以降のご注文は翌営業日に発送致します。金曜日の14時以降のご注文に関しましては祝日などがない限り月曜日の発送となりますのでご了承ください。
発送から1~2日以内に配達されますが、お住まいの地域によっては通常よりお時間がかかる場合がございます。

質問:どのような状態で配達されますか?
回答:商品はヤマト運輸のクール冷凍便で発送し、冷凍のままお届けします。

質問:どのような支払方法がありますか?
回答:クレジットカード決済、アマゾンペイ(要アマゾンアカウント)、コンビニ決済、NP後払い、代金引換(ヤマトコレクト)からお選び頂けます。クレジットカード決済、アマゾンペイ以外手数料が発生致します。
クレジットカード決済ではマスターカード、VISA、アメリカンエキスプレスをご利用頂けます。その他のカードをお持ちの場合はアマゾンペイをご利用下さい。

質問:注文が正常にできたか心配です。
回答:ご注文後、確認メールを送信しております。但し各携帯電話会社のメールアドレスには正しく送信されない場合がございますので、gmailやhotmailなどのアドレスをご利用下さい。発送後、伝票番号もメールにて通知させて頂きます。
確認メールが届かない場合、別のメールアドレスをご利用の上、info@wholemeat.netまでご連絡下さい。

飲食店などを経営されているお客様へ
大口注文をご希望の場合、下記情報をご記載の上、info@wholemeat.netまでご連絡ください。
  • お名前
  • 貴社名
  • メールアドレス/お電話番号
  • ご希望の商品と数量

解凍

解凍には時間がかかりますので、前もって準備をお願いします。冷蔵庫に数時間寝かして解凍する方法と、氷水につけて解凍させる方法の二種類の解凍方法がございます。

冷蔵庫の場合、簡単かつ安全ですが時間がかかることがあります。2kg程度の肉の場合は24時間置いておくのが良いとされていますが、それぞれの冷蔵庫の温度の違いがあるため様子を見つつの解凍をお願いします。

氷水の場合、解凍時間は上記の方法より短くなりますがその分手間も多少増えます。まず適切な大きさのボウルなどを用意し、水と氷を入れます。真空パックの封を開けずに更にもう一枚の袋に商品をいれ(誤って水が入るのを防ぐため)、氷水のボウルに沈めます。1kgの肉を解凍する際に約3時間程度かかります。弊社では氷水での方法をお勧めしております。 室温での解凍、電子レンジでの解凍など、上記方法以外での解凍は絶対におやめください!肉汁が溶け出してしまい、美味しさを損ねてしまいます。

再冷凍

解凍された肉をもう一度冷凍するのはなるべくおやめください。もし冷凍する必要がある場合は、調理したものを冷凍してください。

関連商品

カートに追加 売り切れ